お問合せ・資料請求
採用情報

不動産デューデリジェンス

不動産デューデリジェンスとは

3つの側面から精査する多角的調査

不動産デューデリジェンスとは、不動産の将来の収支の予測を行うための詳細かつ多角的調査のことで、投資用不動産の取引や会社の吸収・合併(M&A)、プロジェクトファイナンス等を行う場合はもちろん、自社の保有物件を安心して購入・投資するためにも「不動産デューデリジェンス」は必要不可欠な調査です。

多角的調査とは、適正な投資価値を求める作業で、調査は主に(1)経済的側面、(2)物理的側面、(3)法的側面の3つの側面に分けられます。

当社では、昭和47年の創業以来、土地と建物を専門に様々な角度から調査を行ってきました。この長年の経験と知識から培われた確かなノウハウで皆様のニーズにお応えします。

不動産デューデリジェンスとは

SIMMONの不動産デューデリジェンスの特徴

歴史とともに蓄えられたノウハウと
高い専門性でお客様のニーズにお応えします。

投資をご計画の物件が、本当に投資に値するかどうか、その大きな判断基準となるのが建物診断や不動産デューデリジェンスです。 当社は、土地と建物の専門家として経験とノウハウで、トータルなデューデリジェンスサービスをワンストップで提供いたします。

SIMMONの不動産デューデリジェンスの特

1. 公平で独立系の第三者機関

M&Aや企業再生ファンドの投資対象等の不動産デューデリジェンスの最も必要なことは「第三者的立場」からの評価・算定・説明です。
デューデリジェンスは本来買主側が行うべきではありますが、実際の取引では売主が行ったり、信託会社や証券会社が行うケースも多くあります。そのようなことから、常に客観的・中立的な第三者的立場としてデューデリジェンスに携わることが求められます。

当社は創業当時より官公庁からの受注を請け負っており、デペロッパーや建設会社との利害関係のない独立した企業で、その意識は社内の末端まで徹底されています。

2. 長年の実績と信頼

当社では、昭和47年創業以来、官公庁からの受注を中心とした、補償コンサルティング、土地と建物の調査を専門に行ってきました。常に公平な立場での迅速で正確な調査を行う姿勢によって、40年以上の業務実績があり、官公庁をはじめ多くのお客様からの信頼を得ています。

年間5000件の建物調査を実施しており、大量の案件に対応できる他、コストパフォーマンスも発揮させていただいております。

3. 全国対応可能の専門家集団

当社は、一級建築士・不動産鑑定士を始め、各種有資格者が在籍しているプロフェッショナル集団です。
当社の技術員は創業40年以上という歴史の中で培ってきたノウハウを受け継いでおり、高度な知識と確かな目を併せ持っています。投資家・金融機関等の皆様に、調査結果を正確にわかりやすくご提供することを心がけています。
また、全国に支店網を設けているため、全国各地のお客様の案件にスピーディに対応することが可能です。

不動産デューデリジェンスのバリュエーション

フルスペックはもちろん、ニーズに合わせた不動産デューデリジェンスをご用意

四門では、お客様の不動産デューデリジェンスのご利用目的や期間に応じて、必要な調査をお選びいただけますよういくつかのバリュエーションをご用意しております。

既存建物DD
証券化格付対応の詳細から、一次検討用の簡易な評価までご依頼目的に対応します。
  • 建物診断
  • 修繕更新費
  • 再調達価格
  • 違法性
  • 耐震診断
  • 地震リスク診断
  • 建物有害物質
  • 土壌汚染
資産価値向上DD
資産価値向上のための対策を検討しご提案します。

  • 耐震補強計画
  • アスベスト対策
  • 用途変更(コンバージョン)
  • オフィス集約
  • 土地境界線検討
解体費用・環境DD
更地流動化のためのリスク検討を行います。
  • 既存建物解体費用
  • 土壌汚染
  • 地下埋没物調査

上記以外にも、お客様のご利用目的やご予算に応じて、最適な不動産デューデリジェンスをご提案させていただきます。詳しくはお問い合わせください。